この4ホールでスコアを伸ばせ! 2オンを狙う基準は…【安田祐香のオーガスタ“秘密メモ”】
拡大する(全1枚)
いよいよ今夜、現地時間4月8日から海外メジャー初戦「マスターズ」が開幕する。舞台はもちろん今年もオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブ。そんな球聖とよばれるボビー・ジョーンズと名設計家アリスター・マッケンジーが創り出したゴルファー憧れの18ホールを、日本人女性として初めてラウンドし、「私としては回りやすかった。好きなコースです」と話す安田祐香に、グリーンを中心に解説してもらった。今回は安田が「スコアの伸ばせるポイント」と語る4つのパー5の攻略法(ヤーデージはマスターズの数字)。
■2番パー5(575ヤード)
オーガスタナショナル最長で左ドッグレッグのパー5。打ち下ろしのティショットでいいポジションをキープできれば2オンも可能となっている。ここではアルバトロスも出る? ホール名はピンク・ドッグウッド。
【ティショットのポイント】FWバンカーのやや左を狙う
ティショットの狙い目は右のフェアウェイバンカーのやや左。「右に出ても傾斜で流れてきます」と、左に下がっていくホールロケーションや、アンジュレーションをうまく活用してランを稼ぎたい。
【2打目のポイント】イーグル・バーディ狙うならオーバーは厳禁
このホールのポイントは2打目。「左奥から右手前に傾斜しているので、グリーンがすごく難しい。左に打って右に流れていく」。マスターズではアイアンを持つ選手もおり、2オンを果敢に狙っていきたいが落としどころはシビア。安田は右手前ピンに対して3番ユーティリティを握り、5メートルのイーグルチャンスにつけることに成功した。ピンが左に切られた場合も練習していたといい、「左に切ってあっても手前めに打ったほうがいいと思います。オーバーしたら奥からは傾斜で速いので」とポイントを教えてくれた。