目澤秀憲コーチに聞くマスターズ優勝のプロセス 「様々な測定器を取り入れ、データ分析を始めました」

目澤秀憲コーチに聞くマスターズ優勝のプロセス 「様々な測定器を取り入れ、データ分析を始めました」
拡大する(全1枚)
<マスターズ 最終日◇11日◇オーガスタ・ナショナルGC(米ジョージア州)◇7475ヤード・パー72>
松山英樹はアマチュア時代から含めて10度目のマスターズ挑戦で、グリーンジャケットをつかみとった。過去9回と今回の一番の違いは、目澤秀憲氏というコーチの存在だ。昨年10月、共通のツアーレップを介して2人は米国で出会い、今年から正式に契約を結ぶこととなる。目澤氏は河本結有村智恵永峰咲希らを教えているプロコーチだったが、松山がコーチと契約するのは初めて。偉業達成までのプロセスをマスターズ直後の目澤氏に直撃した。
――松山プロが日本人初のマスターズ優勝を成し遂げ、目澤さんはコーチとしてそばにいるわけですが、いまの率直な気持ちを教えてください
「TPI(米国レッスンライセンス)の資格を取ってから、コーチングの道を目指してやってきましたが、素晴らしい選手に巡り会えて、このような機会に携わることができ、コーチとしてやってきて良かったと思っています」
――目澤さんが松山プロと契約して取り組んできたことは?
「コーチに就いた当初は私と松山選手本人の理想とのズレがありましたが、試合の映像やショットデータなどを見ながら、この2カ月は色々なことを日々話し合ってきました。私自身も2カ月半という時間、1人の選手をフルサポートするのは初めてだったので、とにかく色々な事を一つひとつ解決してきた事が、今回の優勝に繋がったのではないかと思っています」
編集部おすすめ

当時の記事を読む

松山英樹のプロフィールを見る
ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「松山英樹」に関する記事

「松山英樹」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「松山英樹」の記事

次に読みたい「松山英樹」の記事をもっと見る

ゴルフニュースランキング

ゴルフランキングをもっと見る
お買いものリンク