出場2試合連続でトップ10! コーチが語る堀琴音の復調

出場2試合連続でトップ10! コーチが語る堀琴音の復調
拡大する(全1枚)
<KKT杯バンテリンレディス 最終日◇18日◇熊本空港カントリークラブ(熊本県)◇6501ヤード・パー72>
「KKT杯バンテリンレディス」でトータル6アンダーの6位タイに入った堀琴音。これで「明治安田生命レディス ヨコハマタイヤゴルフトーナメント」に続き、出場2試合連続のトップ10入りとなった。2018年のシード落ち以降、苦しんでいたショットメーカー復調の理由とは。今大会でキャディを務めたコーチの森守洋氏に話を聞いた。
堀琴音がパーティウェアに着替えると…
原江里菜の紹介で18年から堀を指導する森氏は、当時のことを「ぐちゃぐちゃだったので、戻ってくるのは大変だろうなと思っていました。ショットがペラペラだった。クラブが下から来てた。手首こねたりしていました」と振り返る。そこから復調を目指し、基本的なことから取り組みが始まった。
「体の特性は人それぞれ違うので、クラブの動きしか見なかった」と、まずはスイングをシンプルにしようとした。「元々フェースを捻じらないタイプだったが、それがドローをかけようと下からきて捻じれていたんです。堀さんはドローを打ちたがっていましたが、ドライバーはフェードでいいんじゃないと言った。そうしたらドローも良くなってきましたね」。ドローを打とうとするあまり出ていた悪癖。そこを取り除くことで小気味いいスイングが戻ってきたという。この日もフェアウェイヒットは7番目となる14分の10。ティショットの難しい熊本空港CCでのこの数字が復調を物語る。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「堀琴音」に関する記事

「堀琴音」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「堀琴音」の記事

次に読みたい「堀琴音」の記事をもっと見る

ゴルフニュースランキング

ゴルフランキングをもっと見る
お買いものリンク