「片山晋呉の再来」とも… 山下美夢有が持つ強さの三拍子“技術・リズム・ コミュ力”【辻にぃ見聞】
拡大する(全1枚)
「KKT杯バンテリンレディス」は山下美夢有の初優勝で幕を閉じた。一筋縄ではいかない難コース・熊本空港CCで、なぜ初出場の19歳はトーナメントレコード(14アンダー)を叩き出すことができたのか。今大会では指導する小祝さくらのキャディを務めた辻村明志コーチが分析する。
初優勝…19歳の涙【大会ライブフォト】
■ピタリとはまったコース 数字と感性の融合が300万円をより効果的に
舞台となった熊本空港CCはフェアウェイ真ん中に木があったり、ドッグレッグが多かったりとティショットから選手を惑わせるコース。さらにグリーン、フェアウェイともに硬く、ランがいつも以上に出るため縦距離が合わせづらい。パー5もトリッキーで素直に2オンは狙えず戦略性が求められる。一方で総距離は6501ヤードとそこまで長くない。
そんなコースが山下にピタリとはまった。「100ヤードの距離がすごく得意」と話す山下は、言葉通り最終日のパー5で残り100ヤード前後につけて3バーディ。最終ホールはパーだったが、2メートルほどのチャンスにはつけていた。一方で50ヤード前後のショットは「苦手だった」と話していたが、昨年8月に約300万円で購入した弾道測定器・トラックマンを駆使して練習したことで、「5ヤード刻みまでは打ち分けられるようになった」と成長した。その結果、中途半端な距離が残ってもボギーをたたかず。縦距離の精度の高さが初優勝に結びついた。