「初めて」のメタルで全盛期のAON越え 米参戦につながる加瀬秀樹の日本タイトル【名勝負ものがたり】
拡大する(全1枚)
歳月が流れても、語り継がれる戦いがある。役者や舞台、筋書きはもちろんのこと、芝や空の色、風の音に至るまで鮮やかな記憶。かたずをのんで見守る人々の息づかいや、その後の喝采まで含めた名勝負の数々の舞台裏が、関わった人の証言で、よみがえる。
第9回は1990年日本プゴルフ選手権。初めての勝利の美酒をビッグタイトルで味わった加瀬秀樹は、後に振り返ってもなぜできたのかわからない気持ちの切り替えを経験した。人生を変えた戦いを振り返る。
記録的な暑さと言われた1990年8月。第58回日本プロゴルフ選手権の舞台は、大阪・天野山カントリークラブ。加瀬は、シード選手として初めてのシーズンをプレーし、大一番に臨んでいた。
烏山城CC(栃木県)で行われた前年大会で2位になり、手にしたシード権。「台風で最終日ができるかできないか、という状況でジャンボ(尾崎将司)が勝ったんだけど、まくって2位。これが効いて、シードが取れた。日本プロはゴルフ人生を変えた試合。(1990年の)試合前に勝てるとは思ってなかったけど、縁起のいい試合だとは思っていた」。シードを手にしたのはツアー7年目の29歳の時。30歳になって迎えたシーズンは、順調だった。
「初めて」なのは、もうひとつあった。その週からメタルヘッドのドライバーを使い始めていたのだ。「まだメタルが出始めの頃で、初めて打ったのが(大会2日前の)火曜日。思うように使えたし、たぶん前より飛んでた。気持ちよくプレーできたから、いきなり試合で使った」。これも、大きな転機を支えた。