38歳の“愛されキャラ”、上井邦裕が“8度目”の最終日最終組で初優勝を目指す

38歳の“愛されキャラ”、上井邦裕が“8度目”の最終日最終組で初優勝を目指す
拡大する(全1枚)
<関西オープンゴルフ選手権競技 3日目◇24日◇有馬ロイヤルゴルフクラブ ロイヤルコース(兵庫県)◇7103ヤード・パー71>
大阪府出身の上井邦裕(かみい・くにひろ)はプロ17年目の38歳。トータル12アンダー・トップタイで3日目を終えて、8度目の最終日最終組から初優勝に挑む。最終日をトップで迎えるのは17年の「RIZAP KBCオーガスタ」以来で、これまでに4度の2位を経験している。
横顔はダンディー
上井は身長180センチで身体能力が高く、ドライバーではキャリー300ヤードを超える飛ばし屋。芹澤信雄率いる『チームセリザワ』の一員で、トーナメントの練習ラウンドでは芹澤に師事する藤田寛之や宮本勝昌とよく一緒に回っている。明るく人なつっこい性格で藤田からは『クーちゃん』と呼ばれ、かわいがられている。
長く「初優勝に一番近い選手」といわれながら、ここまでレギュラーツアーでは勝利なし。一番有名な出来事は10年の「VanaH杯KBCオーガスタ」での2度のホールインワンがある。初日の8番パー3で人生初のホールインワンを記録し、3日目にも8番ホールで再びホールインワンを達成。世界初の同一大会同一ホールでの2度のホールインワンとして、ギネスにも認定されている。
そんな上井は19年には極度のドライバーの不調からシード落ち。右プッシュスライスが出れば、今度は左にフックとかなりの重傷だった。どん底の状態にいたときに
編集部おすすめ

当時の記事を読む

藤田寛之のプロフィールを見る
ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「藤田寛之」に関する記事

「藤田寛之」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「藤田寛之」の記事

次に読みたい「藤田寛之」の記事をもっと見る

ゴルフニュースランキング

ゴルフランキングをもっと見る
お買いものリンク