時松隆光選手会長が“生解説” 全米OP出場日本勢の特徴を選手目線で紐解く!
拡大する(全1枚)
全米オープン 事前情報◇17日◇トリーパインズGCサウスC(米カリフォルニア州)◇7652ヤード・パー71>
日本時間の今夜開幕する海外メジャー大会「全米オープン」。日本からは松山英樹石川遼、浅地洋佑、星野陸也が参戦する。世界一過酷といわれるメジャー決戦を4日間生配信することになった「DAZN(ダ・ゾーン)」で解説を務める時松隆光が、見どころを語ってくれた。
パワー満開!石川遼の最新ドライバースイング【連続写真】
時松は残念ながら今大会への出場はかなわなかったが、国内男子ツアーの選手会長という立場から、「プレーヤー目線で解説をして、全米オープンの難しさをわかりやすくお伝えできればと思っています」と、“初参戦”に意欲的。会場のトリーパインズGCは世界ジュニア大会で参戦したこともあるコース。「ティも違うでしょうが、そこで見て経験したことを元に、いろいろな状況を説明したいです」と、コースの過酷さやプレーヤー心理などにも迫る。
そこで、大会前に日本勢の4人についても話しを聞いた。
■松山英樹
「マスターズにも優勝されましたし、4月は日本のゴルフ界が大きく変わりました。もうレベル的には世界のトップですし、優勝するかどうかは、最後の運とか、一筋のパッティングとか、そういうところの勝負です。普通にプレーすれば上位にいくのは当たり前ですし、画面越しですが、僕も松山選手のプレーを見て勉強できればと思っています(笑)」