稲森佑貴、因縁の戦い 北海道の思い出は『プロ人生で唯一のOB』

稲森佑貴、因縁の戦い 北海道の思い出は『プロ人生で唯一のOB』
拡大する(全1枚)
<長嶋茂雄INVITATIONALセガサミーカップ 3日目◇21日◇ザ・ノースカントリーゴルフクラブ(北海道)◇7178ヤード・パー72>
2015年からフェアウェイキープ率部門でトップを維持。日本で一番曲がらない男による“因縁の戦い”がひっそりと幕を開けていた。
ラフに入るとこんな大捜索をする羽目に【写真】
稲森佑貴にとって、「嫌いじゃないけど、得意じゃない」というザ・ノースCC。フェアウェイが広く、距離の長いホールも多くて比較的グリーンもボールが止まる。飛ばし屋向きで伸ばし合いの展開。稲森にとって油断できないホールが続く。「僕は飛ばし屋ではないので、長めの番手を握るからその精度も問われる。無理にバーディを狙うとボギーが出るので、18ホール全部パーでいいと思っている」。手堅いプレーでチャンスを着実に拾っていった。
6バーディ・ノーボギーの「66」をマークして、トータル13アンダー・3位に急浮上。その中でも、“因縁”がある13番パー5が大きかった。2015年、プロトーナメントで唯一OBを打ったホールだ。
ティショットの右サイドがOBゾーンの、565ヤードのパー5。ティに立つと、6年前の記憶が思い返される。「緊張ですね、たぶん。ジャンボさんと回っていたので(笑)」。当時20歳だった稲森のティショットは右に逃げて、そのままOB。林も池ポチャも経験しているが、プロの試合でのドライバーOBは、今のところこれだけだ。以降、ここは「死んでも右に行かない、チーピンOK、左のラフはOK」と心に決めているホール。「ここのロングは全ホール刻みで、3打目勝負だと思っている」と、今日も“しっかり”左ラフからの2打目を刻み、3打目で2メートルにオン。これを沈めてこの日奪った6バーディの1つとした。
「初日は、フェアウェイキープ率100%でしたよ」とニヤリ。今季もフェアウェイキープ率は78.18%で単独1位。もう、“曲がらない男”のプライドにキズはつけさせない。

■長嶋茂雄INVITATIONALセガサミーカップ 3日目の結果
■最終日の組み合わせ&スタート時間
■稲森佑貴 今季成績&プロフィール
■CAT Ladies 2日目の結果
■【LIVE】シブコら上位 全英女子のスコア速報
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ゴルフニュースランキング

ゴルフランキングをもっと見る
お買いものリンク