優勝パター“進化”で「ボールが吸いつく感じ!」 河本結、西村優菜らが握っていたブラックパターの正体は?
拡大する(全1枚)
<TOTOジャパンクラシック 事前情報◇3日◇瀬田ゴルフコース北コース(滋賀県)◇6616ヤード・パー72>
今週の国内女子ツアー会場では、練習グリーンに登場した見慣れぬ“ブラックパター”に選手たちが興味津々。実際に手に取り、ヘッドを見比べ、そしてボールを転がして、その感触を確かめていた。そのパターが、オデッセイ『トゥーロン』の新シリーズだ。
ここに秘密が?トゥーロン新パターのフェースは“食いつく”凸凹加工【写真】
兵庫県のABCゴルフ倶楽部で行われる国内男子ツアー「マイナビABCチャンピオンシップ」会場と同時に、女子の瀬田ゴルフコースでも“お披露目”されたこのニューパター。上田桃子、西村優菜、河本結、田中瑞希をはじめとするキャロウェイ契約プロによるテストも行われた。そのなかでも特に早く手に馴染みそうなのが、現在、前作トゥーロンのマレットタイプ『アトランタ』を使用する河本だ。
河本にとって、このエースパターは思い出深いもの。2019年の「アクサレディス」でツアー初優勝を挙げた時にも使用し、今もグリーン上のプレーを支えている。キャロウェイゴルフのツアー担当を務める桜井政彦氏に話を聞くと、テスト段階で河本は、「ボールが吸いつく感じで、パチンと打ちすぎる感じがない。速いグリーンでも打てそう」と好感触を示していたという。ここから現在使用しているパターと同じフローネックに調整し直し、テストを進めていく。