金谷拓実と幡地隆寛が首位で決勝へ 谷原秀人、比嘉一貴3位
拡大する(全1枚)
<三井住友VISA太平洋マスターズ 2日目◇12日◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡県)◇7262ヤード・パー70>
国内男子ツアーは第2ラウンドが終了した。2019年大会覇者の金谷拓実、ツアー初優勝を狙う幡地隆寛がトータル4アンダー・首位タイで決勝ラウンドにコマを進めた。
宮里優作のリアクションがカッコイイ【写真】
トータル3アンダー・3位タイに谷原秀人、比嘉一貴。トータル2アンダー・5位タイには19歳ルーキー・久常涼、時松隆光、ディラン・ペリー(オーストラリア)、アマチュアの杉原大河(東北福祉大4年)が続いた。
2週連続優勝がかかる浅地洋佑はトータル3オーバー・24位タイ。昨年覇者の香妻陣一朗も同順位で予選ラウンドを通過した。

■三井住友VISA太平洋マスターズ 2日目の結果
■金谷拓実 今季成績&プロフィール
■金谷拓実のドライバースイングをコマ送りで【連続写真】
■幡地隆寛 今季成績&プロフィール
■シブコは? 初日の全ショット詳細は“一打速報”でチェック