「ゴルフで成績を残し続けるのは難しい」 第2のゴルフ人生を始めた高島早百合が見据える先
拡大する(全1枚)
東京・下町の浅草橋駅から秋葉原駅に向かって歩くと、ターコイズブルーの大きな看板が目に飛び込んでくる。「Ever Golf Studio(エバーゴルフスタジオ)」と書かれ、その下には「Sayuri Takashima」の文字も。ドラコン競技やメディアで活躍する29歳の女子プロゴルファーの高島早百合のゴルフレッスンスタジオである。
高島早百合と青木瀬令奈のドレス姿【写真】
■ツアーを断念してゴルフスタジオを開設
スタジオを覗いてみると2打席あり、最新の解析機器を完備。そこで高島がマンツーマンでレッスンを行っている。若いプロゴルファーがスタジオやスクールに所属してレッスン活動をすることは珍しくはないが、「自分で何かやりたいと思っていたんです」と自身が代表となって今年1月にスタジオをオープンした。
もともとはレッスン活動がメインではなかった。1992年生まれの高島は、青木瀬令奈や成田美寿々、葭葉ルミらと同じ年で、東浩子を団長とする“最強アズマ軍団”の世代。2011年のプロテストに合格し、身長173センチと恵まれた体格から放たれる250ヤード以上の飛距離が持ち味と、潜在能力の高さはピカイチ。
しかし、ツアーでは12年の「日医工女子オープン」の20位タイが最高と思うような結果が残せない日々が続いた。ここ数年は、ドラコン競技に出場して最長飛距離365ヤードをマークするなど“日本一”の称号を得たり、アマチュアへのレッスンを中心に活動してきた。