「後半はずいぶん色々外したので…」 笹生優花はパターに苦戦も上位をキープ

「後半はずいぶん色々外したので…」 笹生優花はパターに苦戦も上位をキープ
拡大する(全1枚)
<ヒルトン・グランドバケーションズ トーナメント・オブ・チャンピオンズ 2日目◇21日◇レイク・ノナG&CC(米フロリダ州)◇6617ヤード・パー72>
初出場の大会で、首位と1打差の2位タイ発進を決めた笹生優花。前半は4バーディ・ノーボギーの「32」と順調にスコアを伸ばして一時はトップに立ったが、後半は停滞した。
笹生とマキロイのスイングを比較【連続写真】
「後半はずいぶん色々外したので。パターが安定しないというのが一番大きかったと思う」と、11番では3パットを叩いてこの日最初のボギー。12番でも約1.5メートルのパーパットを外してボギーを喫するなど、前半好調だったグリーン上で苦戦を強いられた。
4バーディ・2ボギーの「70」と2つ伸ばすに留まったが、「うまくいかないのがゴルフなので、そこでなんとか耐えた。アンダーで終われたので、よかったと思う」と首位と4打差・7位タイと上位を維持した。
なかなかうまくいかない中でも、プロアマ形式の大会はいい気分転換にもなっている。「すごく楽しいです。アマチュアでもみんなすごく上手なので、自分も頑張らないとという気持ちになった。明日もこんな感じで頑張りたい」と、楽しみながら週末に向かう。


【関連ニュース】
■米女子ツアー22年初戦リーダーボード
■米国男子リーダーボード
■金谷拓実は?欧州ツアーリーダーボード
■SMBCシンガポールオープン 初日の順位
■音楽ガンガンで「気楽にできた」 畑岡奈紗は“5割の出来”で上々発進
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ゴルフニュースランキング

ゴルフランキングをもっと見る
お買いものリンク