ツアー史上最長の2時間プレーオフを制した植竹希望が涙の初優勝 黄金世代10人目のV
拡大する(全1枚)
<KKT杯バンテリンレディス 最終日◇17日◇熊本空港カントリークラブ(熊本県)◇6499ヤード・パー72>
国内女子ツアーで唯一熊本で行われる大会は全日程が終了。植竹希望、西村優菜、小倉彩愛、吉田優利の4人のプレーオフとなった戦いを制したのは6ホール目でバーディを奪った植竹だった。
百花繚乱!国内女子メンバーのドレス姿
18番パー5の繰り返しで行われるプレーオフ。黄金世代とプラチナ世代3人となった戦いは1ホール目に植竹、吉田がツーオンに成功、西村は3打目を3メートルにつける。小倉はツーオン狙いで奥にオーバーするも素晴らしいアプローチで寄せると、吉田はイーグルトライを1メートルオーバー。植竹のイーグルトライはわずかに左を抜ける。小倉が先に入れての西村のバーディパットはカップに蹴られる。ほかの3人はバーディとして、ここで西村が脱落する。
3人となった2ホール目。植竹のティショットは左の林に入れてフェアウェイに出すだけのかたちに。小倉も右のバンカーに入れてしまう。吉田も左のラフに入れて全員がレイアップしての3打目勝負となると植竹が奥4メートル、吉田が3メートルにつけるなか小倉はピン奥10メートルに。小倉が外すなか植竹、吉田が入れてバーディとして小倉が脱落する。
カップが切り替えられての3ホール目。2人ともティショットをフェアウェイに置くと、ともにツーオンを狙う。吉田が奥15メートルくらいに乗せると、後に打った植竹はカップに入りそうな一打で5メートルにつける。吉田のイーグルトライは1メートルショート、植竹のイーグルトライもわずかに右。タップインでバーディとすると、吉田も入れて譲らない。