強面にイメチェン? 小田孔明が今季初の60台をマーク「これは乱視用眼鏡です」
拡大する(全1枚)
<ISPS HANDA 欧州・日本、とりあえず今年は日本トーナメント! 初日◇21日◇PGM石岡ゴルフクラブ(茨城県)◇7071ヤード・パー71>
2014年の賞金王、小田孔明が今季初の60台となる「64」をマークして、好発進を決めた。今季からサングラスを着けてプレーしているが、イメチェンしたのだろうか。
スーツ姿の孔明さん 怖くないですよ
「これは乱視用眼鏡で度が入っているんです」。小田は晴れているときも曇っているときも、グリーン上でも外さないサングラスについて釈明した。6、7年前くらいから飛んでいくボールが見づらくなり、昨年のオフに初めて極度の乱視が判明。それで乱視用眼鏡を作って今年から着用している。「着けて外したらぼやけて見えない。だからグリーン上も外さないんです。慣れてくると見えてくるんですけど」と話す。
43歳にして視力は1.2と悪くないため、乱視に気づくのが遅れた。眼鏡を着けた当初はボールがはっきり見えるので、近く感じたという。私生活では別の乱視用眼鏡を作って普段から慣れていき、東建の前の小さな試合でも着けて違和感を解消していった。「今では着けない方が怖い」とまでいう。さらに「いままではどっちにキレるかな?という傾斜がはっきり見える」とメリットを感じている。
実はデメリットもある。「曇っちゃうと暗く見えて嫌なんですよね。きょうは晴れてくれたのできれいに見えました」。当然、「いまクリアも作ってもらっている」と対策も考えている。