「ただ下手なだけ(笑)」JLPGAブライトナーフォトセッションの裏話【女子ツアーの“ヒトネタッ”!】
拡大する(全1枚)
ゴルフのトーナメント会場は“ネタの宝庫”。ただ、そのすべてを伝えることはなかなか困難なこと…。そこで現場記者がコースを歩くなか“見た”、“聞いた”もののなかからちょっと気になった1つのテーマ、すなわち“ヒトネタ”をご紹介! 今回はワールドレディスサロンパスカップが行われた茨城ゴルフ倶楽部(茨城県)から。
タイミングバッチリ!奇跡の1枚はこちら【写真】

今大会開幕前に日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)から発表された「JLPGAブライトナー」。いわゆる“アンバサダー”として活動していくが、最初の“お仕事”はブライトナーお披露目フォトセッションだった。
青木瀬令奈、申ジエ勝みなみ、吉田優利、大里桃子原英莉花の6人は横一列に並び、どのようなポーズをとろうかと模索。それぞれがドライバーやパター、サングラスにグローブなどゴルフグッズを手に取ってポーズを決めるなか、大里はボールを選んで立ち位置につくと、ボールを上に投げ始めた。
ボールを投げてキャッチ、投げてキャッチを繰り返した大里。ボールが空中に浮いている瞬間にシャッターを切ることができれば、まさにポーズが決まった“かっこいい写真”となるが、大里はちょくちょく失敗する。
そんな大里の姿をみて、ほか5人は「なにやっているの(笑)」と即ツッコミ。ブライトナーだけでなく記者たちにも、思わず笑いが起こった。
「緊張していたわけではないです。ただボールを投げるのが下手なだけです(笑)」と大里は苦笑いだったが、その“奇跡の一枚”はしっかりと写真に収められた。

■ワールドレディスサロンパスカップ 最終結果
■青木瀬令奈、原英莉花ら6名が“JLPGAブライトナー”に選出 「みんなで盛り上げていきたい」
■声をかけたのはどっち!? 最終組のほっこり記念撮影【女子ツアーの“ヒトネタッ”!】
■実は女子大生のルーキー 目指すは体育教師!?【女子ツアーの“ヒトネタッ”!】
■ツアーきっての虎党が語る「だから阪神ファンはやめられない!」【女子ツアーの“ヒトネタッ”!】