オクラホマのスター、リッキー・ファウラーは新リーグに「参戦するかは、まだ決めていない…」
拡大する(全1枚)
今季メジャー第2戦の全米プロ選手権、月曜日の練習ラウンドからリッキー・ファウラー(米国)には大歓声が飛んでいた。タイガー・ウッズ(米国)に次ぐ大きさのギャラリーを引き連れていた。

カリフォルニア出身のファウラーだが大学はオクラホマ州立大。タルサからわずか1時間あまりのドライブの場所、ファウラーはここでカレッジゴルフで大活躍した。トレードカラーのオレンジは大学カラー。ファウラーはこのオクラホマを「自分のホームだ」とも語り、練習日から「ゴー!オレンジ!」と声援が飛んだ。
一度は世界ランキング4位まで登り詰めたが現在は146位、メジャー大会への出場資格に苦戦するが、今大会は昨年8位に入り出場権を得た。がそこからトップ10入りは10月、ラスベガスで開催されたCJカップだけ。月曜に大会前の公式会見に臨んだファウラーは「メンタルの問題。自信を持ってプレーしたいが、なかなか結果がついて来ない」と苦しい胸中を語った。
そういう意味では今週の声援は大きな勢いとなるかもしれない。成績で不振が続くファウラーだが、ツアーでの人気は決して衰えていない。となると当然、「サウジの新リーグ、リブ・ゴルフ・インビテーショナルシリーズへの誘いはあった」と明かした。
「メディアに正直にいうけれど、どちらか一方に決める必要はない」とファウラー。「以前にも言ったと思うが、米国男子ツアーが世界のベストなツアーだと思うか?もちろん思う。ただしもっと良くすることはできるか?と聞かれたらそれもイエスだ」と話した。