<速報>渋野日向子、後半苦戦 国内復帰初日は2オーバーでフィニッシュ
拡大する(全1枚)
<ブリヂストンレディスオープン 初日◇19日◇袖ヶ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コース(千葉県)◇6713ヤード・パー72>
国内女子ツアーの第12戦は、第1ラウンドが進行中。今季国内初出場の渋野日向子は2バーディ・4ボギーの「74」で回り、2オーバー・68位タイでホールアウトしている。
大ギャラリーがシブコのパットを見守った【LIVEフォト】
前半は1バーディ・1ボギーのイーブン。後半で浮上を図った渋野だが、2番、3番と連続ボギーを喫して失速する。5番パー3では2.5メートルを沈めてバーディを奪うも、その後はノーバーディ・1ボギーと伸ばせず。約半年ぶりの国内戦は苦しいスタートとなっている。
5アンダー・首位タイに今季4勝の西郷真央、林菜乃子。1打差3位に昨年覇者の稲見萌寧、2打差4位タイに河本結、山下美夢有、ユン・チェヨン(韓国)が続いている。
2週連続優勝を狙う渡邉彩香は2アンダー・7位タイでホールアウト。原英莉花はイーブンパー・32位タイで最終9番をプレーしている。

■渋野日向子 プレーの詳細は一打速報でチェック
■ブリヂストンレディスオープン 初日組み合わせ
■空を見上げるシブコ【現地フォト】
■愛犬に“遊ばれ”、すき焼き堪能の渋野日向子 抹茶スイーツ食べて元気もモリモリ【女子ツアーの“ヒトネタッ”!】
■頭の先からツマ先まで求められるのは“総合力” 渋野日向子の進化に注目【大西翔太の大展望】