復帰2戦目のタイガー・ウッズは4オーバーと出遅れも 脚の状態は「以前より良くなっている」
拡大する(全1枚)
<全米プロゴルフ選手権 初日◇19日◇サザン・ヒルズCC(米オクラホマ州)◇7556ヤード・パー70>
2021年2月に右脚に重傷を負った自動車事故からの復帰戦となった4月の「マスターズ」に続きメジャー2戦目にも出場しているタイガー・ウッズ(米国)。初日は3バーディ・7ボギーの「74」で4オーバーと出遅れるかたちとなった。
2007年、睨みつけるようにグリーンを読むウッズ
1日を振り返り「ラウンドの中盤から後半にかけて悪いアイアンショットが多く、チャンスにつけることができなかった。ロングパットばかりか、アップダウンを狙わなければならず、悪い状況に追い込まれてしまった」と振り返ったウッズ。
それでも脚の状態は「以前より良くなっていると感じているよ」とこちらは手ごたえを感じている。「今は少し痛いけど、また戻って明日に向けて準備を始めたい。たくさん氷風呂に入って、明日に備えようと思う」とこの後のケアを示唆した。
ここサザン・ヒルズCCは2007年大会でカップを掲げた地。ここからスコアを伸ばして、まずは週末の切符をつかみたい。


【関連ニュース】
■全米プロ リーダーボードでスコア速報中!
■松山英樹に何が…全ショットを一打速報で振り返る!
■日本でもやります!渋野日向子の一打速報【LIVE】
■タイガー・ウッズ、マスターズの『パッカード』から全米プロは『ターロウ』へ
■タイガー・ウッズが叩き出した『62.5』 07年大会以来15年ぶりのサザン・ヒルズ【全米プロものがたり】