チリのミト・ペレイラが単独首位 星野陸也は「69」で36位、松山英樹は55位
拡大する(全1枚)
全米プロゴルフ選手権 3日目◇21日◇サザン・ヒルズCC(米オクラホマ州)◇7556ヤード・パー70>
海外メジャーの2022年第2戦となる「全米プロゴルフ選手権」は3日目のプレーが終了。ツアー未勝利のミト・ペレイラ(チリ)がトータル9アンダーで単独首位に立った。優勝すればチリ勢初のメジャー制覇となる。
こちらもメジャー級!松坂大輔氏のドライバースイングは必見【連続写真】
3打差の2位タイにマシュー・フィッツパトリック(イングランド)とウィル・ザラトリス(米国)。さらに1打差の4位にツアールーキーのキャメロン・ヤング(米国)が浮上した。
松山英樹は3日連続の「72」でトータル6オーバー・55位タイ。星野陸也は4バーディ・3ボギーの「69」をマークしトータル3オーバーの36位タイに順位を上げた。
ローリー・マキロイ(北アイルランド)はトータルイーブンパーの17位タイに後退。タイガー・ウッズ(米国)は9つスコアを落とし、トータル12オーバーの76位タイに急降下した。

■全米プロ 3日目の結果
■マキロイが松山英樹にイタズラで『ドヤ顔』
■松山英樹の全プレーを“一打速報”でおさらい
■日没間際まで繰り返された“直ドラ練習” 渋野日向子の意図はどこにある?
■西郷真央5勝目なるか ブリヂストンレディス 最終日の組み合わせ