ドライバーもパターも日替わり 単独首位の大槻智春「最終日もフィーリングで決めます」
拡大する(全1枚)
<ゴルフパートナー PRO-AM トーナメント 最終日◇22日◇取手国際ゴルフ倶楽部東コース(茨城県)◇6804ヤード・パー70>
「ゴルフパートナー PRO-AM トーナメント」の最終ラウンドが始まった。トータル19アンダー・単独首位は2019年以来のツアー2勝目を目指す大槻智春。2打差のトータル17アンダーで、2週連続優勝を目指す今平周吾、今季2勝目がかかる比嘉一貴らが続く。毎日バーディを量産している大槻だが、初日から3日目まで、ドライバーは毎日違うのだ。
大槻智春がゴルフパートナーで買った『2ボールブレード』って?【写真】
昨年大会では「一番自信がある」ドライバーの乱調により最終18番でボギーを叩き、プレーオフで敗退。悔しい思い出が残る。エースは変わらずピンの『G400 MAX』だが、初日はプロギア、2日目はコブラのドライバーを投入。きのうの3日目はエースに戻した。同じ試合で日によってドライバーを替えるのは「今回が初めて」だとういう。
最終日も「練習場で打ったフィーリングで決めようと思っています」と、使うドライバーについては明言しなかった。ドライバーを替える意図については、「より良いものがあればという感じ。今回は思い切ってやってみようかなと思って。(3日目の)朝、ロフトとかをいじって調整していたんですけど、使えるまでにいたらなかったので、普通にエースドライバーでいきました」と大槻。予選2日間を終えて首位と2打差の好位置にいたため、“テスト”から“優勝争い”に切り替えたようだ。