優勝賞金は3億5000万円! マスターズと同額の270万ドル、 全米プロの賞金発表が発表
拡大する(全1枚)
全米プロゴルフ選手権 3日目◇21日◇サザン・ヒルズCC(米オクラホマ州)◇7556ヤード・パー70>
現地時間21日(土)、「全米プロゴルフ選手権」を主催する全米プロゴルフ協会が今年の賞金総額を発表した。昨年の1200万ドル(約15億6000万円)から25%増額され賞金総額は1500万ドル(約19億5000万円)となった。
平成の怪物こと松坂大輔氏のドライバースイング【連続写真】
優勝賞金は今年の「マスターズ」と同額の270万ドル(約3億5000万円)で、2位が162万ドル(約2億1000万円)、3位は102万ドル(約1億3200万円)と上位3名が100万ドル(約1億3000万円)超えとなった。
10位でも29万1250ドル(約3800万円)、20位でも20万3750円(約2650万円)とビッグマネーとなる。
同協会のセス・ワーグ会長は大会前に「今年は賞金が大きく変わる」と増額を示唆。高額賞金のサウジアラビアの新リーグが開設される影響もあり、米PGAツアーの賞金額は高騰が続いている。


【関連ニュース】
■全米プロ 3日目の結果
■マスターズ優勝賞金は3億3500万円 総額は18億6000万円で大幅アップ
■タイガー・ウッズは「79」のラウンド後に棄権 最終日はプレーせず
■殺害予告もラウンド続行…からのメジャー制覇を果たしたのは?
■松山英樹のプレー詳細は“一打速報”でチェック