不動裕理超えの史上最速10戦5勝 決勝イーグルにつながった西郷真央の“緻密な思考”
拡大する(全1枚)
<ブリヂストンレディスオープン 最終日◇22日◇袖ヶ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コース(千葉県)◇6713ヤード・パー72>
トータル10アンダーで4人がトップに並ぶ大混戦。その状況で西郷真央は16番パー5の3打目を、グリーン左手前のバンカーで迎えた。右サイドに切られたピンまでは25ヤード。「ライはきれいで、(グリーンの)ラインはほぼストレート。思ったところに打てればやさしいシチュエーションなので、タップインできればという感覚で打ちました」。
誇らしげに優勝トロフィーを掲げる西郷真央【写真】
58度のウェッジで放った一打が、そのままカップに吸い込まれる。劇的なイーグル奪取。ここで後続と2打差の単独トップに浮上すると、両手を広げ喜びを爆発させた。
運も味方したシーン。そんな風にも見えるが、西郷の言葉を聞くと、ここに至るまでの思考は実に緻密だ。袖ケ浦CCのインコースにあるパー5は、16番、18番と終盤3ホールに集中。ここが勝負所になるのは明白だ。西郷も「獲らないといけない」と思いながら、16番ティに入った。しかし、そのティショットをラフに入れると、セカンド地点でキャディとともにこんなマネジメントを組み立てた。
「グリーンをキャッチするのは難しいけど、(ショートサイドになる)右のバンカーには絶対に入れてはいけない。ただきょうの調子を考えると、(刻んで)3打目勝負よりバンカーに入ったとしてもグリーン近くまで運んだ方がいい。こうやって冷静に判断できました。イーグルにつながる、いいジャッジだったと思います」