西郷真央が19位に浮上 稲見萌寧は22位、渋野日向子36位【女子世界ランキング】
拡大する(全1枚)
5月23日付の女子世界ランキングが発表された。国内女子ツアーの「ブリヂストンレディスオープン」で今季5勝目を飾った西郷真央が2ランクアップの19位に浮上。自己最高位に入った。
予選落ち後の渋野日向子は練習場で何をしている?
同大会で西郷と優勝争いを演じた稲見萌寧も1ランクアップの22位。7位の畑岡奈紗、15位の笹生優花に3番手の西郷、4番手の稲見が続いている。
古江彩佳が27位で日本勢5番手、同大会で今季の国内初戦を迎えながら予選落ちを喫した渋野日向子は2ランクダウンの36位となっている。
以下、西村優菜が45位、上田桃子が54位、山下美夢有が57位、高橋彩華が59位となっている。
前週は米国女子ツアーの開催がなく上位勢に大きな変動はなし。1位にコ・ジンヨン(韓国)、次週の「全米女子オープン」で左腕の手術から復帰するネリー・コルダ(米国)が2位、リディア・コ(ニュージーランド)が3位で変わらなかった。

■最新!女子世界ランキング
■西郷真央が1800万円獲得 大台目前【女子賞金ランキング】
■西郷真央、10戦5勝目はアイアンシャフトを『スチールファイバー』に【勝者のギア】
■渋野日向子の“日本2戦目”はいつになる? 本人の回答は…
■“西郷真央スタイル”が理想 渋野日向子は脅威の成績残す20歳をどう見ている?