A・スコットが長尺パターで初めてマスターズを制した選手に

A・スコットが長尺パターで初めてマスターズを制した選手に
<マスターズ 最終日◇14日◇オーガスタ・ナショナルゴルフクラブ(7,435ヤード・パー72)>
 米国男子メジャー「マスターズ」の最終日。雨中のプレーオフを制しグリーンジャケットに袖を通したのはアダム・スコット(オーストラリア)だった。09年大会チャンピオンのアンヘル・カブレラ(アルゼンチン)との激闘はプレーオフ2ホール目にまで及び、カブレラのバーディパットが惜しくも外れるのを見たスコットは約5メートルのバーディパットをねじ込んで歓喜の瞬間をパトロン達と共に迎えた。
A・スコット、ノーマンの思いも背負って悲願のグリーンジャケット獲得!
 正規の18番、そして勝負を決めたプレーオフ2ホール目と共に長めのパットをいまやトレードマークとなった長尺パターで放り込んだ。スコットが長尺パターを使い始めたのは2年前。パットに悩んで練習用に長尺パターを使っていたが、コーチから試合でも使ってみてはと提案されて使い始めたのがきっかけだった。その年のマスターズでは2位タイに入るなど、そこから成績も急浮上。そしてついに、長尺パターで初めてマスターズを制したプレイヤーとして名前を刻むこととなった。
 しかし、近年ゴルフ界では長尺、中尺パターによるアンカリング禁止問題が浮上している。これは、クラブを体に直接または間接的に固定してストロークすることを2016年から禁止することをゴルフルールをつかさどるR&AとUSGAが発表したもので、今回のスコットの打ち方も禁止事項に含まれる。PGAツアーはツアーとしてアンカリング禁止に反対の姿勢をしめしているが、ゴルフ界の流れは禁止の方向へ動いている。
ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年4月15日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。