【クラバー高梨コラム】あなたは“ハイ・ロフト”ドライバーを使えますか!?

【クラバー高梨コラム】あなたは“ハイ・ロフト”ドライバーを使えますか!?
 2014年、ゴルフ道具のトピックとしては“ハイ・ロフト”ドライバーがあげられるでしょう。もっともコレは今最も市場に影響力のあるブランド『テーラーメイド』が仕掛けた“LOFT UP+”キャンペーンにあるのですが。
ドライバー進化の弊害?ウェッジのミスが増えていませんか?
 PGAツアーをみると、テーラーメイドの契約選手たちは確かに“10.5°”や人によっては“12°”と表記された『SLDR』ドライバーを使っています。まだまだ“9.5°”の選手も多いですが、トッププレーヤーがハイ・ロフトドライバーを手にするようになったのは事実です。
 なぜ、こうした従来とちがったロフトチョイスになるのか。巷ではテーラーメイドが押し進めているヘッド設計“LOW FORWORD CG(低くて浅い重心)”にあると言われています。
 フェース面上のバランスポイントは、重心を深くすればするほど高くなります。このため、深重心を目指すなら、低重心も一緒に達成しないと、深くて高い重心のヘッドになってしまいます。この場合、打ち出し角度は高くなりますが、バックスピンは増え、ボールが前に強く飛ばなくなってしまうのです。
 そこで出てきたのが、“LOW FORWORD CG”という発想。フェース面上の重心を下げるために、重心の深さをあえてフェース寄りに配置したのです。簡単にいえば、バックスピンの減少を優先し、打ち出し角度を高くすることを捨てたのです。
ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年4月1日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。