【タケ小山コラム】「マスターズ」はドラマが生まれる“魅せるための舞台”

【タケ小山コラム】「マスターズ」はドラマが生まれる“魅せるための舞台”
 今週10日(木)に開幕する海外メジャー初戦「マスターズ」。世界中から大きな注目を集めるこの大会では毎年、様々なドラマが生まれ、人々の記憶に刻み込まれる。
「Gボイス」で大募集!あなたの思い出に残っているマスターズは何年大会!?
 例えば、1982年大会を制したクレイグ・スタドラーが最終日に見せたディボットからのショットは今でも鮮明に覚えている。1987年大会でラリー・マイズが勝負を決めたプレーオフ2ホール目、11番ホールグリーン右からのチップインも「マスターズ」を代表する鮮烈なハイライトだし、最近でも2012年大会、ルイ・ウーストハウゼンとのプレーオフでバッバ・ワトソンが見せた90度に曲がるフックは「マスターズ」を代表するスーパーショットだった。
 一方で、勝者だけでなく敗者のストーリーですら記憶に残るのが「マスターズ」。1996年大会ではニック・ファルドが最終日6打差を逆転し大会制覇を果たしたが、それ以上に注目を集めたのは逆転を許したグレッグ・ノーマン。特にバックナインに入って連続ボギーを叩き、13番ホールティグラウンド脇のブロック塀に座り込んでうなだれる姿は非常に印象的だった。
 また昨年大会の3日目、タイガー・ウッズが15番ホールのサードショットをピンに当て、跳ね返ったボールが池ポチャ。2歩下がって打ち直したボールをピンにピタリと寄せたショットも印象的だった。ラウンド後、誤所からのプレーということで一時騒動になったが、2回続けて完璧なショットを放ったタイガーの存在感はとりわけ強いものだった。

当時の記事を読む

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年4月7日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。