パー5の2打目がウェッジ ワトソン、オーガスタを制する規格外の飛距離

パー5の2打目がウェッジ ワトソン、オーガスタを制する規格外の飛距離
<マスターズ 最終日◇13日◇オーガスタ・ナショナルゴルフクラブ(7,435ヤード・パー72)>
 米国男子メジャー「マスターズ」はバッバ・ワトソン(米国)の2年ぶり2度目の優勝で幕を閉じた。マスターズ6回目の出場で2度の優勝はアーノルド・パーマーらに並ぶ記録となる。
35年の壁に挑んだ20歳のスピース、ワトソンの前に散る
 ところで、左にドッグレッグしているホールが多いオーガスタはコントロールしにくいドローボールで攻める選手より、ボールを止めやすいフェードでコースなりに攻めることができるレフティに有利と言われている。事実、2003年にマイク・ウィア(カナダ)が優勝して以来、フィル・ミケルソン(米国)が3勝(04、06、10)、ワトソンが2勝(12、14)とここ11年でレフティだけで6勝を挙げている。
 だが、ワトソンの場合は少し事情が違うかもしれない。たしかに、極端なまでのカット打ちでスライスボールを打つワトソンはオーガスタ向きとも言えるが、ウィア、ミケルソンとの違いはその極端なまでの高弾道と飛距離だ。
 今大会の平均飛距離305.62ヤードは全選手中もちろん1位。この日パトロンの度肝を抜いたのは2つのパー5だ。
 まずは前半の8番ホール。フェアウェイ右には選手が警戒する約290ヤードで越えるバンカーがあるが、ワトソンは「あのバンカーは問題じゃない」と軽々キャリーでオーバー。落下地点が打ち上げにもかかわらず約330ヤードのビッグドライブを見せてバーディを奪うと、首位に立っていたジョーダン・スピース(米国)はボギー。ここが勝負の分かれ目となった。
ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年4月14日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。