【激白】アメリカ撤退から7年…田中秀道の“現在地”

【激白】アメリカ撤退から7年…田中秀道の“現在地”
小さな体をフルに使ったスイングで300ヤードを飛ばし、PGAツアーでも追っかけファンがつくほど熱狂的な人気を得た田中秀道。しかし、そのダイナミックなスイングの代償は大きかった。
 腰を痛めてボロボロの体となって07年に帰国。イップスに近い症状も発症しそのまま参戦した日本ツアーでも結果を残せず、今は下部ツアーのチャレンジトーナメントで復活の道を探っている。
 43歳。現在はテレビ解説やコメンテーターなどを務めることも増えてきたが、プロゴルファーとしての田中秀道の現在地はいったいどこなのか。厳しい現状の中でも失われていない“熱”とは。田中自身が語った。
今も根強い人気…田中秀道へみんなのコメント
「現状は深刻。でも、根本的な熱は冷めていない」
そうですね…アメリカからズタボロで戻ってきて、07年に日本ツアーに復帰して、ですから帰ってきてもう7年。7年成績が出ていない状態ですね。
今の状況は体が悪くなってアメリカから戻ってきて、そこに同じタイミングで加齢、衰えがきているという感じ。どの選手もたぶん30代に入って40歳にむかって、いい意味でスピードダウンしながら、スイングも少しずつ変えていかなければいけない。それが、僕の場合は体のこともあって一気にガクッと落ちてしまった。
僕はもともとスピードを上げてなんぼというゴルフだったんです。特にフォロースルーの先で打つタイプで、ボールの先でクラブを加速させていた。じゃあ、体が悪くなったらそーっと振ればいいと言うんですけど、それができないんです。僕はスピードを上げることしかできない。それでゴルフを組み立てていたので。でも、今は体がそれについていかない。
ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年4月24日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。