池ポチャ5発で14打も…18番ホールに込められた“世界基準”

池ポチャ5発で14打も…18番ホールに込められた“世界基準”
<日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯 最終日◇8日◇ゴールデンバレーゴルフ倶楽部(7,233ヤード・パー72)>
 設計者のロバート・トレント・ジョーンズJrいわく、「池に沿って右へドッグレッグするパー5は2打で池越えになるので、ペブルビーチの18番よりタフ」。ゴールデンバレーGCのフィニッシングホールは、国内最高コースレート77.4にふさわしい景観と難易度を誇っている。
“新・世界基準”だから見えた国内選手のレベルアップ
 この日のピンポジションは池側のエッジから5ヤード、手前エッジから6ヤード。約240ヤード先からイーグルチャンスを狙うなら、池に向かって勇気を持って打ち出していかなければご褒美はもらえない。この日も18番パー5で多くのドラマが生まれた。
 その中で“ある意味”最終組よりも大ギャラリーの注目を集めた選手がいる。藤田寛之、宮本勝昌と同組でプレーした韓国のI・H・ホが、18番で“14”の大たたき。ホはティショットで右のラフに入れると、強引にグリーンを狙ったセカンドショットが池ポチャ。これが悪夢の始まりだった。
 ドロップして放った4打目、6打目、8打目、10打目…水しぶきとともにギャラリーのため息が響くこと5回。12打目でようやく花道左のラフまで持ってきたものの、グリーンオンに13打を要しこのホールだけで9オーバー。2日目には“66”を叩きだす爆発力を見せたホは、首を横に振りながら無言でクラブハウスに消えた。
ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年6月8日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。