前田陽子、初優勝の影に契約メーカーの献身が

前田陽子、初優勝の影に契約メーカーの献身が
 今年も渡邉彩香、酒井美紀、鈴木愛、アマチュアの勝みなみなどが初優勝し、数多くのニューヒロインが生まれた女子ツアー。彼女たちはこれまでの実績から“いつ勝つのか”が注目されていたが、ほとんど無名の状態から一躍時の人となったゴルファーがいる。
苦労人・前田陽子が激闘を制し涙の初V
 プロ9年目の前田陽子、今年で30歳。今季、「伊藤園レディス」の2日目で首位に立つまで、ほとんどの記者たちが話しをしたことがない存在だった。今季、ようやくツアーフル参戦できる権利を獲得した苦労人。1月までダンボール工場で勤務していたことが大々的に報道され、名前を覚えた方も多いだろう。
 前田は12月10日(水)、大山志保、上原彩子、一ノ瀬優希、鈴木ら同じくピンゴルフと契約するプロたちと一緒に、同社主催のコンペに登場。トークショーの他、参加者たちとパター勝負などを行い「一番苦手なやつで勝負なんて…お客さんの方が上手かったりして(笑)」と苦笑しながらも、契約プロとしてメーカーのイベントを大いに盛り上げた。
 今年は優勝者と賞金ランク25位までの選手しか出場できない最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」に出場。そこで誕生日も迎えた。そしてオフはイベントに参加、環境はガラリと変化したが、本人にはこの状況を予想していたか聞いてみたところ「全くです。誰が想像するんですか」と笑われてしまった。
 前田はショットの安定度などは定評があったが、これまで成績が上がらなかったのは「パットが原因」だったという。大きな悩みの種で「パターに関しては、ちょっとでも良くなるならなんでも試そうと思ってた。いろいろな人からアドバイスをもらって、いろいろなイメージを試した」とパターを変更したり、いろいろな人から意見を仰いだ。その中で8月ごろ契約メーカー中尺パターを作ってもらった。これを練習グリーンで使用したところストロークが良くなり「優勝につながったと思います」という。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る 2014年12月22日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「森田理香子」のニュース

次に読みたい関連記事「森田理香子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「今平周吾」のニュース

次に読みたい関連記事「今平周吾」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「藤田寛之」のニュース

次に読みたい関連記事「藤田寛之」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。