静岡県勢初の“故郷に錦”!地元愛たっぷりの渡邉彩香、5打差逆転V

静岡県勢初の“故郷に錦”!地元愛たっぷりの渡邉彩香、5打差逆転V
<ヤマハレディースオープン葛城 最終日◇5日◇葛城ゴルフ倶楽部山名コース(6,548ヤード・パー72)>
 「地元を盛り上げたい」という渡邉彩香の想いが叶った瞬間だった。静岡県にある葛城ゴルフ倶楽部 山名コースで開催された国内女子ツアー「ヤマハレディースオープン葛城」の最終日。首位と5打差の4位タイからスタートした静岡県出身の渡邉が逆転優勝でツアー2勝目を挙げた。
渡邉彩香の特選PHOTOはここでチェック!
 「今日は朝の練習場でショットが悪くて…」という状態でティオフした渡邉。案の定、1番でティショットを右に曲げてのボギー発進。それには「正直どうなることかと思った」という。しかし続く2番でバーディを奪うと、続く3番で方向性重視の6~7割のティショットで連続バーディを奪取、流れを作る。
 8番では3オン2パットのボギーを叩いてしまったが次の9番で5メートルをねじ込みすぐさまバウンスバック。強気で放ったパッティングで「もっと獲れるな」とこの日のプレーに自信を深めた。その後も着実にスコアを伸ばし、首位に浮上した。
 「途中ボードを見て接線ということがわかって。すごい緊張してました」という状態の中、1打差で迎えた最終18番パー5。残り63ヤードと微妙な距離のサードショット。キャディを務めた小畑貴宏氏が「練習していた距離でした。ただ、あの状況、プレッシャーの中で力を抜いて打たないといけない距離。それがすごく上手くいった」と絶賛のショットがピン側にピタリ。1打差で渡邉を追いかける同組の前田陽子がバーディパットを外したのを見届けた後、きっちり決めてガッツポーズ。ハイタッチでキャディと喜びを分かち合った。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る 2015年4月5日のゴルフ記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「森田理香子」のニュース

次に読みたい関連記事「森田理香子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「今平周吾」のニュース

次に読みたい関連記事「今平周吾」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「藤田寛之」のニュース

次に読みたい関連記事「藤田寛之」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。