スピースで注目 マスターズを制したクロスハンドグリップとは?#1

スピースで注目 マスターズを制したクロスハンドグリップとは?#1
ジョーダン・スピースがマスターズ新記録となる4日間28個のバーディを奪い、初日から最終日までリードを守りきってメジャー初制覇を果たしました。 1997年にタイガー・ウッズが勝った時と同じ弱冠21歳です。
米男子ツアー石川遼・松山英樹の写真をチェック!

そのスピースが実践するパッティングスタイルは「クロスハンド」、英語だとクロスという表現は正しくないという意見もあり、専門家は「LEFTHAND LOW(左手が下)」という呼び方を優先しています。最近は男子プロ、女子プロなどトッププロの実践派がまた増えてきていて注目されるようになっていますね。
男子だとスピースの他に、メジャー3勝のパドレイグ・ハリントン(アイルランド)やツアー17勝(2003年全米オープンを含む)のジム・フューリクなどが長年に及ぶプロキャリアでずっとクロスハンドスタイルを続けています。
全英2回と全米プロを制しているハリントンはクロスハンドパッティングの利点としてアドレスポジションで左手を下に置くことで肩のラインを水平にして振り子ストロークができることと説明しています。
フューリクは父マイク氏の薦めでゴルフを始めた時からクロスハンドを実践。父は「左手よりも右手を下にして握りなさい。 そして右手の人差し指をシャフト添えるようにするといいと教えてくれました」と語り、「肩の動き主体でパターヘッドをコントロール出来るのが利点。 手先で「SLAP」、急にパンチが入ってしまう事を防げる」と詳しく説明しています。

当時の記事を読む

タイガー・ウッズのプロフィールを見る
ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「タイガー・ウッズ」に関する記事

「タイガー・ウッズ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「タイガー・ウッズ」の記事

次に読みたい「タイガー・ウッズ」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年4月22日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。