M・ウィ、L・コも採用! 注目集めるクロスハンドグリップとは?#2

M・ウィ、L・コも採用! 注目集めるクロスハンドグリップとは?#2
前回はマスターズを制したジョーダン・スピース(米国)など男子ツアーのパッティングでのクロスハンドグリップについて説明しましたが、女子プロ、LPGAツアーで活躍する世界ランク上位勢の選手の多くもクロスハンドのパッティングスタイルを実践しています。
リディア・コの動画インタビュー公開中!世界ランク1位の素顔とは
ツアー1のパター巧者として知られる朴仁妃(韓国)、前傾姿勢を深く構えるミシェル・ウィはクロスハンダー。現在は通常の握り方に変えてしまったがメジャー7勝のカリー・ウェブ(オーストラリア)の全盛期は左手がクロスハンドでした。
朴仁妃のパッティングストロークのいい所は肩の動きでパターヘッドをコントロールしている点とフォロースルーでクラブヘッドが減速せずに振り抜けているところですね。
昨年6月、ミシェル・ウィは背中を地面とほぼ水平にした独特の「テーブルトップ(机の上部)」パッティングスタイルで全米女子オープンを制覇。 ウィはこのスタイルにした時の話を次のように語っていました。
「2011年終わり頃、パッティングの調子が良くなかったんです。その時、宮里藍選手を観察していて背の低い選手は目線とボールの距離が近くていいなーと思ったんです。そうだ、目線は下げてみたらいいんじゃないかしら?と思いつき前屈みを極端にしてみると凄くショートパットが入るようになったんです。 自分では背中が地面と同じぐらいになっている感覚はなかったんですが…。次に出場したドバイでの試合で4日間で3パットがなくこれだって!思いました。手首を使う感覚はありません。 大きい筋肉、肩の動き重視です。目線を下げるとラインも見やすいしいいんですよ」

当時の記事を読む

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年4月23日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。