藤田光里に初栄冠をもたらせた“最後まで諦めない”気持ち
拡大する(全1枚)
<フジサンケイレディスクラシック 最終日◇26日◇川奈ホテルゴルフコース 富士コース(6,367ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「フジサンケイレディスクラシック」で見事ツアー初優勝を挙げた藤田光里。栄冠をもたらしたのは何よりも“最後まで諦めない”気持ちだった。
藤田光里の特選PHOTOをスペシャルPHOTOギャラリーでチェック!
 昨年、史上初となるファイナルQT1位&新人戦優勝と鳴り物入りでツアーに本格参戦した藤田。「ニチレイレディス」では2位、「日医工女子オープン」では3位に入るなど、期待に違わぬ活躍で賞金シードを獲得した。そして迎えた2年目。昨季の後半から悩んでいたショットへの不安も解消して新たなシーズンに臨んだ。
 だが初戦から好不調の波が大きく、成績が安定しない。開幕戦では2日目に“69”を出すも最終日に“76”。翌週以降も手首の違和感が相まってムラのある戦いが続いた。
 そして4月の「ヤマハレディース」では初日に4アンダーと2位スタートを切ると、翌日も2位と上位をキープした。だが、3日目にまさかの“83”で優勝戦線から脱落どころか予選通過者の中でワーストスコアでラウンド。その時に大江順一キャディからあることを説かれる。
 「途中で諦めては駄目。最後まで一生懸命戦わないと。“藤田光里はいつか崩れる”って周りから思われてはゴルファーとして良くないし、“自分もいつか崩れる”と思うと本当に崩れるようになっちゃうよ」。