【舩越園子コラム】ゴルフと五輪、夢はいろいろ

【舩越園子コラム】ゴルフと五輪、夢はいろいろ
 米ツアーの「ウエルズ・ファーゴ選手権」の会場で、オーストラリア出身のアダム・スコットがロイター通信のオーストラリア人記者に語ったリオ五輪に関する発言は、その後、世界各国へ波紋を広げている。
【関連】米国男子ツアーのフォトギャラリー
 2016年8月に開催されるリオ五輪で、ゴルフは1904年以来、112年ぶりに五輪競技に復活する。そこに至るまでには、世界各国の大勢のゴルフ関係者の努力と苦労があり、その集大成がリオ五輪、そして2020年の東京五輪で花開くと期待されている。
 だが、スコットは、自分が母国の代表選手となる資格を得たら、「それはそれで楽しむ」が、出場資格を得られなくても「残念には思わない。(テレビでの)観戦を楽しむだけ」と語り、「五輪におけるゴルフはエキシビジョン。五輪に含まれる必要はない」「五輪のためのスケジューリングをするつもりはない」「五輪こそが頂点というスポーツにとっては五輪が意義深いが、ゴルフにはメジャー4大会があり、メジャー大会こそが意義深いという状況は変わらない」と発言。これに対し、英国のガーディアン紙を始めとする世界各国のメディアが「マスターズチャンピオンがゴルフの五輪復帰に対する最も手厳しい批判をしている」などと大々的に報じ、その波紋はいまなお広がりつつある。
 米ツアー選手が日々、鍛練を重ねるとき、その視線の先にあるものがマスターズをはじめとするメジャー4大会であることは確かに多い。だが、かつて9年間、米ツアーで戦った

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年5月25日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。