【舩越園子コラム】聖地の女神は気まぐれゆえに

【舩越園子コラム】聖地の女神は気まぐれゆえに
 ゴルフの聖地、セント・アンドリュースで開催される全英オープンと聞いて、まず思い出されるのは、ジョン・デーリーだ。

 あれは1995年大会。勝利に迫ったデーリーが、右こぶしを突き上げ、腕をぐるぐる回しながらフェアウエイを闊歩した姿が忘れられない。米国からやってきた荒くれ者の勇ましい姿を間近に眺め、スコットランドの大観衆は叫び声すら上げながら狂喜した。聖地を興奮に包み、プレーオフで勝利を掴んだデーリーは、以後、自身がどんなに不調になっても、こう言い続けている。「オレはセント・アンドリュースが大好きだ。米ツアーが全試合をあそこで開いてくれたら、オレは毎週でも優勝できるぜ」。
 2000年に聖地で勝利したのは、タイガー・ウッズだった。あの勝利でウッズは史上5人目のキャリア・グランドスラムを達成。ジャック・ニクラスのグランドスラムから実に34年の歳月を経て達成された快挙。そしてウッズは2005年大会も制し「僕は初めてセント・アンドリュースをこの目で見た時から恋に落ちた。“I loveSt.Andrew”」と、聖地への愛を何度も口にした。
 2010年大会の覇者、ルイ・ウーストハウゼンは、若き現代っ子のせいか、デーリーやウッズのような恋愛にも似た感情を言葉にすることはなかった。あの年は聖地が妙に好天に恵まれ、おまけに無風に近い穏やかな4日間だった。そんな「異変」を感じ取った選手たちは、英国リンクスのゴルフらしからぬ、むしろアメリカ流のゴルフスタイルこそが武器になると見定め、高い球で攻めていた。そんな臨機応変な対応を最も見事にやってのけたのが、勝者・ウーストハウゼンだった。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「全米プロゴルフ選手権」のニュース

次に読みたい関連記事「全米プロゴルフ選手権」のニュースをもっと見る

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年7月14日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。