【舩越園子コラム】聖地の女神は気まぐれゆえに

 そう、英国リンクスは気まぐれで、瞬く間にその姿を変え、挑戦者たちに求めるゴルフも変えてくる。その気まぐれさを、往年のプレーヤーたちは、しばしば女性に例えた。だからなのだろう。彼らは全英オープンの舞台となるゴルフコースを語るとき、「she」「her」と女性になぞらえる。セント・アンドリュースは、その女性的な魅力が際立つ最も崇高な聖地。だが、それは同時に最も厄介な場所でもある。今年、そんな気まぐれな女神の心を掴むのは、果たして誰なのか。
 
 今季、マスターズと全米オープンを制したジョーダン・スピースは、すでに年間グランドスラムの中間地点まで到達しており、全英オープンをも制することができるかどうか、勝って世界ランキング1位に躍り出るかどうかが世界的に注目されている。
 だが、大半のトッププレーヤーたちが前週のジョンディア・クラシックを休んで早めにセント・アンドリュース入りする日程を選ぶ中、スピースは頑なにジョンディアに出場する道を選んだ。
 2年前、まだ米ツアーの正式メンバーにもなっておらず、全英出場資格も持っていなかったスピースが、あらかじめ英国行きの荷造りをした上で挑んだのがジョンディアだった。そして、見事に初優勝を遂げ、全英行きの最後の1枚の切符をぎりぎりで掴み取り、絶対に無駄にはしないと念じながら荷造りしたスーツケースを、彼はそのまま彼の地へ持っていった。
 いわば、スピース優勝物語の幕開けとなった思い出深き大会。感謝の念を抱いている大会。その大会に出て、「心もゴルフもギアアップして翌週に備えるのが僕の流儀。次戦がメジャーであろうと何であろうと、その姿勢を変えるつもりはない」。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「全米プロゴルフ選手権」のニュース

次に読みたい関連記事「全米プロゴルフ選手権」のニュースをもっと見る

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年7月14日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。