J・デイ、アルコール依存症乗り越え…たどり着いたメジャータイトル

J・デイ、アルコール依存症乗り越え…たどり着いたメジャータイトル
拡大する(全1枚)
全米プロゴルフ選手権 最終日◇16日◇ウィスリング・ストレイツ(7,501ヤード・パー72)>
 ジェイソン・デイ(オーストラリア)はウィニングパットを決める前から泣いていた。メジャーで過去9度のトップ10入り。あと一歩のところで逃し続けてきたメジャータイトルに手が届くと確信した瞬間、あふれるものを抑えきれなかった。
優勝を決めてエリー夫人と抱き合うジェイソン・デイ
 ウィスコンシン州にあるウィスリングストレイツで開催された「全米プロゴルフ選手権」の最終日。単独首位から出たデイは最終日も5つスコアを伸ばし、メジャー最小スコアとなるトータル20アンダーで初のメジャー制覇を成し遂げた。
 世界ランキング1位の座を狙うジョーダン・スピース(米国)との最終組。これ以上ないシチュエーションでデイは躍動した。2番パー5でバーディを先行させると5番、6番でもバーディを奪取。7番パー3では約15メートルのバーディパットを放り込んで後続を突き放した。8番でボギーを叩くも11番、14番のバーディとメジャータイトルへの足は緩めない。スピースも17番でデイがロングパットを寄せるとサムアップでそのプレーを称えた。
 ホールアウト後は苦労も喜びもすべて共にしてきたキャディのコリン・スワットンと抱き合って号泣。長男のダッシュ君、エリー夫人もグリーン上の喜びの場に加わった。「泣くとは思わなかった。でも、今まで優勝まであと一歩の所で手が届かなかったことばかりだったので、感情が込み上げてきた」。

当時の記事を読む

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年8月17日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。