【WITB】ジェイソン・デイのメジャー勝利を呼び込んだ“小さなクモ”

【WITB】ジェイソン・デイのメジャー勝利を呼び込んだ“小さなクモ”
拡大する(全1枚)
 今季のメジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」で悲願のメジャー初制覇を成し遂げたジェイソン・デイ(オーストラリア)。平均300ヤードを超える飛距離に高いフェアウェイキープ率もさることながら、メジャーで光ったのはショートゲームでの安定感。優勝を決めた最終ラウンドのパット数はわずかに27パット。グリーン巧者のジョーダン・スピースすら寄せ付けない安定感に、スピースも「僕の出る幕はなかった」と白旗をあげたほどだった。
歓喜の瞬間は涙、涙…ジェイソン・デイが全米プロ制覇
 使用パターはテーラーメイドの“ゴーストスパイダー イッツィビッツィ(小さなクモ)”のプロトタイプモデル。その名の通りスパイダーパターより一回り小さいこのパターをバッグに入れたのは約1年前の2013-14シーズンプレーオフ初戦「ザ・バークレイズ」。いきなり2位に入ると、そのプレーオフシリーズは「BMW選手権」の棄権以外はすべてでトップ10入り。今季は3勝を挙げるなど飛躍を後押ししている。ここまで平均パット数でも堂々の2位タイ(1.712)。ちなみに昨年は97位タイ(1.776)だ。
 次に狙うはプレーオフシリーズの先にある年間王者、そして新たにスピースが座った世界ランク1位の椅子。爆発力にグリーン上での安定感も備えて悲願のメジャー制覇を成し遂げても、まだまだデイの鼻息は荒い。
【ジェイソン・デイのクラブセッティング ※Whats in the Bag】

当時の記事を読む

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「全米プロゴルフ選手権」に関する記事

「全米プロゴルフ選手権」に関する記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年8月19日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。