農家の長男のプレッシャー! 19歳・池村寛世“バースデーV”でプロ人生切り開く

農家の長男のプレッシャー! 19歳・池村寛世“バースデーV”でプロ人生切り開く
拡大する(全1枚)
<RIZAP KBCオーガスタ 3日目◇29日◇芥屋ゴルフ倶楽部(7,151ヤード・パー72)>
 『RIZAP KBCオーガスタ』最終日最終組に入ることとなった鹿児島県出身の19歳・池村寛世。3日目を最終組の1つ前で回った池村は「緊張しました。地に足がついていませんでした」と9アンダー・4位タイスタートながら前半4ホールで2つスコアを落とし、ずるずると後退するかと思われた。

 だが、前半上がり3ホールで踏みとどまる。「ずっとティショットを曲げていたんですが6番で初めてフェアウェイにいって…。7番からは“気楽に力まずいこう”と思えました」と7番から3連続バーディを奪取し、トータル10アンダーに。後半も3つスコアを伸ばし優勝争いに食い込んだ。
 「今大会ティショットが不調のなかでのこの順位。信じられない」と2位タイという順位に実感が沸いていない様子の池村。「フェードヒッターなんですが、左へのミスばっかり」と最終18番であわやOBという場面もあったが、本来ドライバーは得意クラブ。166cmと小さいながらも、ガッチリとした体躯で300ヤードの飛距離を誇る。
 「飛距離は小学生の頃から武器でした。実家の農家を小学校3年から手伝っているので(身長が小さいながらも)体格には恵まれているのかもしれません」。
 現在も拠点となっている鹿児島の実家はサツマイモ農家。収穫された“紅はるか(糖度の高い人気品種)”は加工用として出荷され、鹿児島の銘酒である芋焼酎『魔王』の原料としても使用されているという。「苗植えから収穫まで一連の作業はできます」と4人兄弟の長男として、幼き頃から家業を手伝ってきたことで“飛距離を出せる身体”が自然と出来上がっていった。今でも「何もないときは手伝っています」。

当時の記事を読む

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年8月29日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。