アンカリング禁止など2016年版ゴルフ新規則を発表

アンカリング禁止など2016年版ゴルフ新規則を発表
 R&AとUSGAは発行する4年に1度発行される2016年版ゴルフ規則についての記者会見を都内で行い、R&Aの規則担当者来日のもと、日本の各協会関係者、報道陣に新たに加えられた規則を説明した。

 今回の主要な変更点は4つ。18-2bのアドレス後にボールが動いた際の罰則規定と、6-6dのスコアカード提出時の罰打付与に関する規定。14-3に定められる人工の機器、異常な携帯品の罰則変更と14-1bに追加されるアンカリングによるストロークの禁止だ。
 出席したツアーの競技委員などが最も注目したのがやはり、パッティングの際のアンカリングの禁止だ。これはクラブを両手と前腕以外の体に直接的につけてストロークすることや、アンカーポイントを用いることでのストロークを禁じているもので、2013年の5月に禁止が発表され選手には約2年半の移行期間が与えられた。
 R&Aの規則ディレクターであるグラント・モイヤー氏は「2010年くらいからアンカリングプレイヤーが目立つようになった。プロだけでなくジュニアでもアンカリングする選手が増えて、最後の手段ではなくなり主流になりつつあったため、禁止の議論が活発になった」と禁止に至った経緯を説明。「R&Aはクラブ全体を自由にスイングすることがゴルフの本質と考えている。アンカリングをしたストロークはプレイヤーのチャレンジ要素を減じるという可能性があったため禁止となった」と続けた。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る 2015年11月9日のゴルフ記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。