「終わってない」と自信を得たGマックの復活【舩越園子コラム】

「終わってない」と自信を得たGマックの復活【舩越園子コラム】
 「もう、オレは終わったのか?」 今年、グレーム・マクダウエルは、そんな自問自答を続けてきたという。北アイルランド出身、米国アラバマ大学出身の36歳。2010年に全米オープンを制したメジャーチャンプでさえも、成績低迷が続けば、やっぱり弱気になる。
「HSBCチャンピオンズ」を制した苦労人ラッセル・ノックス
 今年始めのマクダウエルの世界ランキングは15位だった。しかし、優勝はおろか、トップ10入りからもすっかり遠ざかり、先週の世界ランキングは85位まで下降していた。
 「もう、ゴルフは僕の人生における最優先事項にはなりえない」
ショットもパットも病んでいたが、ゴルフに対するモチベーションを失いかけていた理由の1つは、2014年に娘が生まれ、私生活が一変したことにあった。妻と娘と3人で過ごす幸せがゴルフへの情熱を上回り、「ゴルフをやる気が徐々に失せていった」とマクダウエルは振り返った。
 だが、それが不調に対する都合のいいエクスキューズ、逃避にすぎないと気付き、再びやる気を起こしたところが、さすがはGマックだ。例年、この時期の彼は欧州ツアーのレース・トゥ・ドバイの締め括りの数試合に出場していたのだが、今年は「悪い流れを過去へ葬り、新シーズンのいい流れを早いうちに作り出そう」と心に決め、欧州ではなくメキシコへ赴き、米ツアーのOHLクラシックに出場した。
 大会は雨天順延で月曜フィニッシュという不規則進行になったが、マクダウエルはラッセル・ノックス、ジェイソン・ボンとのプレーオフを1ホール目で制し、米ツアー3勝目を挙げて、2年ぶりに勝利の笑顔を輝かせた。それでも世界ランクは62位でトップ50に入り切れなかったが、「大きく向上できたし、何よりオーガスタへの切符をしっかり掴んだことがうれしい。年の終わりが新シーズンのいい始まりになった。僕はまだまだやれるんだ」と喜びを語った。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ALBAの記事をもっと見る 2015年11月17日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「全英オープン」のニュース

次に読みたい関連記事「全英オープン」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。