石川遼“兄弟二人三脚”で2位T発進!「アプローチは見せられたかな」

石川遼“兄弟二人三脚”で2位T発進!「アプローチは見せられたかな」
<カシオワールドオープン 1日目◇26日◇Kochi黒潮カントリークラブ(7,315ヤード・パー72)>
 兄弟二人三脚で好発進。石川遼はホストプロとして参戦している『カシオワールドオープン』初日で4バーディ・ノーボギーの“68”でラウンド。首位と1打差の2位タイにつけ、キャディとして一緒に戦っている弟・航くんとの“初試合”で結果を出した。
今季の国内男子ツアーをフォトギャラリーで振り返る
 「ドライバーは自信を持って振れているけど、フェアウェイウッドからアイアンの調子は良くない。アイアンはここ数ヶ月…。ラフからのほうがいいショットが出る」とセカンドショットの不安から前半は我慢のラウンドで、スタートホールの10番から17番まではパー行進。15番ではラフからのセカンドショットが大きくフライヤーし、グリーン奥のギャラリーに当たるアクシデントがあったが、ロブショットで2mにつけパーセーブするなど耐えしのぐと、上がりの18番のこの日初バーディを奪取し、1アンダーで折り返す。
 後半に入ってもアイアンでチャンスを作り出せない展開となるが、2番パー3で20mのパットを沈めると、さらに1つ伸ばして迎えた8番パー3でも今度は16mのバーディトライに成功。後半に3つ伸ばしてトータル4アンダーと上位につけた。
 「今日良かったのはリカバリーショット」と振り返った石川。傍らでともにラウンドした航くんへは「こんなに調子が悪いなかだけど…アプローチを教えて欲しいというし、その部分は見せられたんじゃないかな」と耐えてスコアメイクする姿を見せることができた。自身が史上最年少でのアマ優勝を果たして注目を浴びた15歳と同年齢だけに「(メディアに出るのは)不安なところ。普通の高校生でいて欲しい。(けど)それでもキャディをやらせたいと思ったし、プレーで伝えたい」という兄としての複雑な感情を持っているが、初日は戦う男の背中を見せることができた。

当時の記事を読む

石川遼のプロフィールを見る
ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「石川遼」に関する記事

「石川遼」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「石川遼」の記事

次に読みたい「石川遼」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年11月26日のゴルフ記事

キーワード一覧

  1. 石川遼 結婚

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。