【スイング解説】表純子のスイングはボールが上がらないアマチュア必見!

【スイング解説】表純子のスイングはボールが上がらないアマチュア必見!
 今季の国内女子ツアーの優勝者の活躍を振り返り、強さの要因を探る“Playback LPGATour2015”。第15回目は今季「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント」でツアー4勝目を挙げた表純子。国内女子ツアーで5年ぶりとなる40代での優勝を挙げたベテランのスイングの特徴とは。
【解説】表純子の高弾道を生むスイング連続写真(計11枚)
 表は2011年開幕戦から、「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」などの出場基準が限られる試合も含めて全試合に出場を続け、ツアー全試合連続出場記録を175試合に更新。身体の丈夫さはもちろん、安定した成績も求められる大記録だ。
 そんな表のスイングをツアープロコーチの辻村明志氏は「高弾道を生むアッパーブロー」と表現する。「強みは、ランチアングル(打ち出し角の高さ)。最近の国内女子ツアーではボールをグリーン面で止められることが必須。彼女の場合、パワーやスピン量でボールを止めるのではなく、出球の高さで高弾道を生み上から落とすことで止めてくる。(辻村)」
 「ボールポジションを他の選手より左足寄りにボールを置き、ダウンスイングで軸を少しだけ右に傾けることにより入射角を極限まで浅くし、芝生をこすりながら最下点より先でボールを捉えることによりアッパー軌道で打ち抜いている。また、打ち込むというよりは払い打つといった印象で、クラブフェイスの接地面ではソールが芝生の上を“サッサッサッサッ”と滑っている音が聞こえてくる。この打ち方により、フェアウェイウッドやユーティリティでもチャンスにつけてくる。ロフト通りにボールが上がらないアマチュアの方には参考になる技術だろう」。この技術があるからこそバッグに7本のウッドが入っているのだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ALBAの記事をもっと見る 2015年12月25日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。