アダム・スコットを変えたゴルフの恐さと魅力【舩越園子コラム】

アダム・スコットを変えたゴルフの恐さと魅力【舩越園子コラム】
 ホンダクラシック最終日。最終組のアダム・スコットを眺めながら、彼がここ最近で最後に勝った2年前のクラウンプラザ招待の最終日を思い出した。
【関連写真】パターは変わっても“あのポーズ”は変わらず!
 あの日は松山英樹に初優勝の期待がかかっていたが、松山は出だしの1番の小さなミスから心を乱し、瞬く間に優勝争いの蚊帳の外へ押し出された。
 優勝争いはスコットとジェイソン・ダフナーのプレーオフへもつれ込み、勝利を掴んだのはスコットだった。あのときのスコットはキャリア初の世界一の王座に座ったばかりで「今週は世界ナンバー1としてプレーする味を満喫したい。この座に留まる期間をショートステイにはしたくない」と語り、その言葉通り、優勝をもぎ取って王座を守った。
 あのときのスコットは本当に堂々と光り輝いて見えた。だが、以後は優勝の二文字からすっかり遠ざかり、2015年は不毛の1年となって唇を噛みしめ続けた。
 そして迎えた2年ぶりのチャンス。久しぶりの優勝争いだったせいだろう。いつもはポーカーフェイスのスコットが、この日はいつになく緊張を露わにしていた。セットアップに入る前に「ふー」と大きく息を吐き、ショットを終えると再び「ふー」。そんな息遣いを見せるスコットは、世界一の称号を冠していた2年前とは少々異なって見えた。
 汗を拭うため、時折り外したキャップの下からは以前より格段に増えたグレーヘアがのぞいていた。今年からアンカリングが禁止になったため、武器にしていたロングパターをレギュラーパターへ持ち替え、それが彼のゴルフにどんな影響を及ぼすのかはゴルフ界全体の関心事。彼はそんな好奇の目に耐えながら、クロウグリップに似た方法で右手を添える独特のグリップを編み出し、この日は出だしから難しいパットを次々に決めていった。

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュース

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「小平智」のニュース

次に読みたい関連記事「小平智」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「有村智恵」のニュース

次に読みたい関連記事「有村智恵」のニュースをもっと見る

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年2月29日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。