吉田弓美子、明日は“世界”に挑戦!「どこまで通用するか」

吉田弓美子、明日は“世界”に挑戦!「どこまで通用するか」
<ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 3日目◇7日◇茨城ゴルフ倶楽部 東コース(6,605ヤード ・パー72)>
 国内女子ツアー「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」の3日目。13位タイから出た吉田弓美子がこの日5バーディ・2ボギーの“69”でラウンド。スコアを3つ伸ばしてトータル5アンダーで4位タイに浮上した。
【関連】ツアーの元気印!吉田弓美子フォトギャラリー
 ショットの調子は悪くなく、「決勝に入って難しいコースコンディションになると思って、朝から風も吹いていて計算が難しくなると思っていました。その中で3アンダーなら上出来かと」とこの日を振り返った吉田。終盤は「15~18番全部惜しかったです」とチャンスを決め切れなかったが、「まだ3日目。そこまで入りすぎなくてちょうどよかった」とポジティブに考えられているという。
 4位に上がったが、首位とは8打差。逆転は困難な状況だ。「その差が“世界”との差だと思う。どこまで通用するか試したいです。自分がホームというアドバンテージはあると思うのでどれだけ詰められるか」。首位を独走するレクシー・トンプソン(米国)にどれだけ迫れるか。明日はそこをプレーのポイントにする。
 トンプソンは2年前の「全米女子オープン」に出場した際、「予選落ちした後に少し見ました。すごいと聞いていて、目を引くものがあるなと」と印象に残っており、「勝手に好きでした(笑)」と年下ながら憧れていたという。その選手との差を認識するまたとないチャンス、優勝は難しくとも最後まで上を向いてプレーするのみだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>
【関連ニュース】
レクシー・トンプソン、日本のメジャーコースをパワーで制圧
同組のベテラン2人が口を揃えて…レクシー・トンプソンは“メンズ”
今週も気が付けば上位、“スマイルクイーン”が8位タイに浮上
【ギアコラム】こだわる理由、変えた理由…ツアー現場の“裏ネタ”
ムービングデーの激闘をフォトギャラリーで

当時の記事を読む

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「国内女子ツアー」に関する記事

「国内女子ツアー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「国内女子ツアー」の記事

次に読みたい「国内女子ツアー」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年5月7日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。