モーリシャスから強行軍で出場の川村昌弘、“縁”のある高野山でリフレッシュ

モーリシャスから強行軍で出場の川村昌弘、“縁”のある高野山でリフレッシュ
<関西オープン 2日目◇20日◇橋本カントリークラブ(7,127ヤード・パー71)>
 国内男子ツアー「関西オープン」の2日目。9位タイから出た川村昌弘が1イーグル・3バーディ・3ボギーの“69”でラウンド。スコアを2つ伸ばし、トータル4アンダー3位タイに浮上した。
鉄人から超飛ばし屋アマまで!国内男子ツアーもタレントぞろい
 先週まで欧州・アジア・サンシャインの3ツアー合同競技でアフリカの島国、モーリシャスで行われた「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」に参戦。今年は12位タイでフィニッシュし、月曜日に当地を離れ火曜日の夕方に帰国。「ちょうど丸1日ぐらいかかる」という移動の末、この試合に臨んだ。
 強行スケジュールの中で疲労も溜まっているが、小岸秀行キャディの「ナイスチョイスでコースから5分のところに泊まれている」。移動のストレスもなく、しかも温泉もついていて体を癒やすことができているという。
 また昨日はラウンド後に歴史好きの小岸さんと「昌弘の弘は弘法大師から親がとったみたいなので」と大師の縁の地、高野山へ。「2ラウンドぐらい歩きました(笑)」と日本仏教の聖地を堪能した。
 多くのプロが苦しむこのコースも「僕が育った亀山ゴルフクラブ(三重県)は18番がパー3で、36ホールすべて左右OB。ここはOB杭が見えるけど、ものすごく広い。ネガティブな感じはしない。気持ちよく回れている」という。
 様々な国でゴルフをし、そしてその土地も楽しむ“旅人ゴルファー”川村。「勝つチャンスがあれば勝ちたい気持ちあります。気持ちよくゴルフができたらいいですね」、残り2日間もゴルフと和歌山県を楽しみながら戦いを続ける。
<ゴルフ情報ALBA.Net>
【関連ニュース】
目指すはマキロイ!14歳のアマ三田真弘が2位発進
「せっかくやるなら一泡吹かせたい」中田英寿が片山晋呉とゴルフ対決!
酒井美紀が単独首位発進 好調アマ勝みなみは3差6位T
設計チームに聞くリオ五輪コース#1 現地で感じる“リアルな自然”
設計チームに聞くリオ五輪コースのすべて#2 「マツヤマにもチャンスはある」

あわせて読みたい

気になるキーワード

ALBAの記事をもっと見る 2016年5月20日のゴルフ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。