松山英樹 米初優勝大会で今季ワースト…苦しんだFWキープ

松山英樹 米初優勝大会で今季ワースト…苦しんだFWキープ
<ザ・メモリアル・トーナメント 初日◇2日◇ミュアフィールド・ビレッジGC(7,265ヤード・パー72)
 オハイオ州にあるミュアフィールド・ビレッジGCで開幕した米国男子ツアー「ザ・メモリアル・トーナメント」。首位のダスティン・ジョンソン(米国)が8アンダーをたたき出すなどバーディ合戦が展開される中で、2014年の覇者・松山英樹は苦しんだ。

 2013年に優勝しているマット・クーチャー、フィル・ミケルソン(共に米国)といった豪華なペアリングでスタートした松山は6番、7番で連続バーディ。スコアの伸ばした午前組を追いかけるべく2アンダーで折り返す。
 だが、後半は一転らしくないゴルフに。12番でティショットを池に入れてダブルボギーとすると、13番でも2打目を左に曲げてボギー。一気に貯金を吐き出すと、イーブンパーに戻して迎えた17番から連続ボギー。2オーバーの105位タイと歴代チャンプらしからぬ出だしとなった。
 今日はショットが荒れた。フェアウェイキープ率は42.86%と半分を下回り、特に後半に限るとパー3を除いて14番のみ。これではアイアンに定評のある松山でも厳しい。
 松山が今季オーバーパー発進するのは棄権した「ザ・ホンダ・クラシック」をのぞくと「ウェルズ・ファーゴ選手権」1試合のみ。同大会は初日を101位で終えたものの尻上がりに調子を上げていき11位タイでフィニッシュ。今大会でも持ち前の調整力を生かしてここから右肩上がりに順位を上げていきたい。
<ゴルフ情報ALBA.Net>
【関連ニュース】
マキロイは?デイは?リーダーボードで順位をチェック
藤田寛之はもうチーム芹澤の模範じゃない?「球打ってみろ!と言われなく…」
3度目V狙う宮本勝昌 首位発進も「これまでで一番難しい」
リョーマゴルフ 3年ぶり新作『RYOMA MAXIMA』は高反発並みの高初速!?
クラブ契約フリーの池田勇太も手にした『A DESIGN GOLF』を知ってますか?

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュース

次に読みたい関連記事「鈴木愛」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「森田理香子」のニュース

次に読みたい関連記事「森田理香子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「宮里藍」のニュース

次に読みたい関連記事「宮里藍」のニュースをもっと見る

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年6月3日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。