「多くのギャラリーに驚いた」マキロイも五輪辞退を後悔?

「多くのギャラリーに驚いた」マキロイも五輪辞退を後悔?
 21日に幕を閉じたリオデジャネイロ五輪。ゴルフは112年ぶりとなる競技参加を果たし、男子はジャスティン・ローズ(イングランド)、女子はインビー・パーク(韓国)がそれぞれ金メダルを獲得した。先に行われた男子はチケット完売となった最終日に1万5,000人以上のギャラリーを集めるなど、大会前の懸念とは裏腹に大きな盛り上がりを見せた。

 これには、現地の治安やジカ熱への不安からやむなく欠場を選択した男子トッププロも好意的な見方を示している。世界ランク3位のジョーダン・スピース(米国)は大会終了直後に自身のツイッターで「僕の次のゴールは2020に設定するよ」とつぶやき、早くも4年後の五輪出場に意欲をにじませた。
 世界ランク4位のローリー・マキロイ(北アイルランド)はメジャー第3戦「全英オープン」の会場で「オリンピックは観戦するけど、ゴルフがそこに入るかわからない」と語るなどして非難も浴びていたが、プレーオフシリーズ初戦「ザ・バークレイズ」開幕直前の記者会見では「(欠場は)間違いだったかもしれない」と語った。
 「ヘンリック(ステンソン)とジャスティン(ローズ)の優勝争いとメダルセレモニーを見た。多くのギャラリーを見て気分が良かったよ。チケットが安かったのもあるけど陸上競技よりもゴルフの方が入っているように見えて驚いた」。銅メダルに輝いたマット・クーチャー(米国)は「辞退した選手は後悔すると思う」と語っていたが、スピース、マキロイらの気持ちに変化をもたらしたことが五輪の成功を物語っていると言えそうだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>
【関連ニュース】
揺れるリオ五輪男子ゴルフ 出る者、出ない者それぞれの思い
出ればよかった?ジョーダン・スピース「2020をゴールにする」
五輪ゴルフは成功だったのか?競技方式は再検討へ
国際ゴルフ連盟がオリンピックゴルフ競技形式変更を検討
松山英樹、プレーオフシリーズ初戦は33位発進「自分の調子がそのままでている」

あわせて読みたい

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゴルフニュースアクセスランキング

ゴルフランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年8月26日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。