山下和宏、初優勝はまたもや叶わずも…「まだまだやれると捉えたい」

山下和宏、初優勝はまたもや叶わずも…「まだまだやれると捉えたい」
<ブリヂストンオープン 最終日◇23日◇袖ヶ浦カンツリークラブ・袖ヶ浦コース(7,119ヤード・パー71)>
 国内男子ツアー「ブリヂストンオープン」の最終日、最終組でラウンドし初優勝を狙った山下和宏。スタートホールの1番で首位から出た高山忠洋がダブルボギー、自身がチップインバーディを決めたことで、いきなりトータル12アンダー・首位タイに。試合を引っ張る立場となったが「もっとスコアを出していくつもりでやればよかった。ちょっと守ったような感じでしたね」と、下からの突き上げについていくことができず、トータル10アンダー・5位タイで優勝を逃した。
国内男子ツアーを特選フォトでプレーバック!
  「反省ですね。アプローチ、パットもショート目が多かった」と出だしのチップインが足枷になった。続く2番パー4ではパーオンするも「ファーストパットをショートして、セカンドパットで大きいスパイクパークが気になり、意識過剰で強く打ちにいってしまった」と3パットのボギー。その後は2バーディ・3ボギーと苦しむ展開で「(チップインで)浮ついたわけではないですが“大事にいこう”としてショートばかりしたのかな」と攻め切れなかったことを悔やんだ。
 「後半は勝負にいこうと思ってもいけてない。自分のチャレンジ精神をもっと見せられるしたい。技術的に足りていない訳ではなく、あとは気持ちです」。
 自身11度目の最終日最終組。プロ転向19年目の42歳、238試合目でのツアー初優勝の夢は破れたが「試合のなかでやりたいことも見つかりましたし、体の調子もいい。“まだまだやれる”と良い方に捉えていければいいかなと思います」と前を向いた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>
【関連ニュース】
小平智が3打差をひっくり返し逆転!今季初V
「毎年レベルアップしている」小平智、海外を見据えた積み重ね
畑岡奈紗、ファイナル見えた!パッティングが復調し27位に浮上
松山が優勝争い!CIMBクラシックのリーダーボード
最新のギア&イベント情報をまとめてチェック

当時の記事を読む

ALBAの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「国内男子ツアー」に関する記事

「国内男子ツアー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「国内男子ツアー」の記事

次に読みたい「国内男子ツアー」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年10月23日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。